代表の想い

エクステリア緑工房代表 平井政司エクステリア緑工房 代表の平井政司です。
外構工事のプロとして35年以上の経歴を積み重ねてきた職人です。

まずは自己紹介から。
松阪大学卒業後、津市にある食品卸業者に営業職として就職、そこで3年間お客様との接し方を学ばさせてもらいました。
私の仕事の基礎はその時の経験が大きなものになっているのは間違いありません。

その後、家業である左官屋を継ぐ決意をし、仕事をしながら鈴鹿建設高等職業訓練校 左官・タイル施工科に入校。この頃に一級左官技能士取得(知事賞)、職業訓練指導員免許取得、その他各賞を受賞しました。
卒業後も二級建築士、二級土木施工管理技士、下水道排水設備工事責任技術者試験合格と資格を取得!
この先も自分を高める為にたくさんの資格を取り、お客様に最高の技を提供できるよう努力して参ります。

職人としての自信とプライド

私の性格は、妥協することが大嫌いでかなりの心配性。(自分なりに分析すると職人するには良い性格だと思ってます。)
妥協することが大嫌いという面では、自分が納得できるまで とことん綺麗に仕上げます。
たとえお客様が「それでいいよ」て言われても、「まだ、だめです」「もう少し綺麗に」と、自分の気が済むまでやりぬきます。
これが今の自信、職人としてのプライドになっています。

心配性という面では仕事だけに決まったことではありませんが、8割準備で決まると考えてます。
ですので、お客様との打ち合わせや工事の段取りには手を抜きたくありません。
もしがそれができてないと心配で眠れず、夜中でも起きて段取りします。正直疲れますが、性分なんでしょうがないとあきらめてます。

下請け工事時代に抱いた想い・・・

現在の緑工房は若い力も入ってきて、とても良い雰囲気で仕事できてます。
以前、緑工房もハウスメーカーや外構請負業者の下請け工事をしたことがあります。
元請けからお施主様への工事金額はとても高額でも、下請けの工事金額はとても安く、「みっちり綺麗に仕上げたい!」と思っている緑工房は合わせることができませんでした。
手を抜けば合わせることができるかもしれませんが、お客様の気持ちを考えると・・・
やはりそんなことは絶対にできません!!

その当時、もし緑工房で元請けの金額の工事ができるなら「もっと良い材料を使ってワングレード上の外構」、または「もっと安く良い外構」ができるのに・・・!と思ってました。
そんな下請けの仕事をするのが嫌になり、お客様に本当に喜んでもらえる仕事を緑工房でしよう!とこのホームページを立ち上げました。

今ではお陰様でたくさんお客様にホームページの内容に共感頂き、ご依頼を頂けるようになりました。

たくさんのお客様に心から「ありがとう」と言ってもらえるように、緑工房全体で考えて仕事をさせてもらっています。

お施主様と代表 平井

お施主様と代表 平井

平井代表から一言ご相談・お見積りからエクステリア工事の施工、施工後のアフターサポートまでエクステリア緑工房の私が責任を持って対応します。どうぞお気軽にご相談下さい。

PAGE TOP